×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鹿角エヌ・シー・エル株式会社
HOME
アグリ事業
閉鎖型苗生産設備
 
kenkyusaibaichi
栽培面積  1,750u
 (25m×70m)
shinbunkiji
 
 
■アグリ事業new

 

 

 人工光・閉鎖型苗生産設備

密閉された室内で、温度・光・水・炭酸ガスなど植物の生育に必要な環境を自動で制御します。 季節や天候に左右されることなく、いつでも・どこでも・誰でも・簡単に、丈夫で均質な苗作りが出来ます。

 苗生産設備内部

国内で販売される漢方の約7割の品種に欠かせない生薬である”甘草”の栽培に着手し、国内生産を目指す。

出荷

出荷先としては北海道、秋田、埼玉、京都、島根、愛媛、沖縄等、年間27万株/年出荷を目指す。
   

苗植え

 ハイブリット農法

一部工程に植物工場的手法を導入。栽培期間の短縮と品質向上を図る後工程に土耕を組み合わせ、全体としてのコストダウンを図る。

甘草定植

 甘草の苗定植

市内の研究栽培地へ定植。

 生育状況

定植から88日目、背丈が約1mになった甘草。
 
bic akita
Copyright (C) 2008 鹿角エヌ・シー・エル All Rights Reserved.